会社の概要
  名称   山口車体工業株式会社
所在地 本  社/岐阜県各務原市蘇原興亜町2丁目 1番地の1
第二工場/岐阜県各務原市蘇原興亜町1丁目22番地の1
電話 <058>382-1155(代)
設立 昭和25年5月28日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長 山口 正人
業務内容 建設機械、特殊車両等の設計から完成までの一貫製作
取引銀行 岐阜信用金庫、十六銀行、大垣共立銀行
主要取引先

(株)小松製作所、(株)竹内製作所、エピロックジャパン(株)、
(株)加藤製作所、コマツキャブテック(株)、 日本車輌製造(株)、
コベルコ建機(株)、ヤマザキマザック(株)、光和機械(株)

従業員数 63人

 会社の沿革
昭和25年   岐阜市金園町10丁目に現社長厳父山口進一が(有)いすゞボディー工場を創立。
各種自動車ボディーの製作ならびに修理を開始。
26年 岐阜市加納城東通りに山口工業所を設立。移動図書館車(現ワンボックス車)の車体製作。
28年 自動車業界が活況を呈するに及び、2社を統合し、岐阜市庵町にて代表取締役山口進一、
資本金100万円をもって山口車体工業所を設立。
川崎航空機(現川崎重工業)のバスボディーの車体組み立てを受注。いすゞボディー工場および山口車体工業所は発展的に解消。
代表取締役山口進一交通禍により死去。山口敬司が代表取締役に就任。
29年 資本金を200万円に増資。
32年 本社並びに工場を現在地に移転。
39年 資本金を400万円に増資。
41年 三菱重工業の小型バスボディーの車体組み立てを受注。
44年 輸送機工業のスチールドアを受注。
小松製作所のブルドーザーキャビンを受注。
45年 資本金を1000万円に増資。
47年 企業体質の転換を図り、バスボディーの受注から小松製作所向けのキャビンの組み立てに受注を一本化。
57年 創立30周年。記念式典挙行。
58年 キャビン受注の拡大を図るため新規に I H I 建機、竹内製作所との取引を開始。
61年 事務所および工場の一部を新改築。工場の設備等を再整備。神鋼電機(株)と新規取引を開始。
63年 新規にキャビンに付属するガードを受注。(株)神戸製鋼所との新規取引を開始。
パワーショベルのフレームデッキの組み立てを受注。以降、業績は確実に伸長。
平成 4年 明治産業[YKK](株)との新規取引を開始。
5年 創立40周年。記念式典挙行。
6年 神鋼造機(株)との新規取引を開始。
7年 井関農機(株)との新規取引を開始。
コマツクレードル(株)との新規取引を開始。
8年 インガソールランド(株)との新規取引を開始。 (現・アトラスコプコ(株))
13年 (株)丸徳鉄工と新規取引を開始し、橋梁・除塵機を製造
14年 山口 正人 代表取締役社長に就任
15年 コマツキャブテック(株)新規取引開始
16年 日本車輌製造(株)新規取引開始
17年 竹内製作所よりフレームを受注
23年 ヤマザキマザック(株) 新規取引開始、マルクマテクニカ(株) 新規取引開始、
光和機械(株) 水門関係取引開始
24年 ISO 14001取得
25年 エレマテック(株) 新規取引開始、(株)アクア技研 新規取引開始
26年 日工マシナリー(株) 新規取引開始
27年 岩戸工業(株) 取引開始
29年 (株)KATO HICOM 取引開始、JMUディフェンスシステムズ(株) 取引開始

  
  山口車体工業株式会社
   本  社/岐阜県各務原市蘇原興亜町2丁目1 番地の1
   第二工場/岐阜県各務原市蘇原興亜町1 丁目22番地の1

   連絡先 : eng-horie@yamaguchi-1155.co.jp
  


『省エネ目標:山口車体工業株式会社は年1パーセント以上のエネルギー消費原単位の低減を目標とします。』