当社は、薄板から厚板まで多くの種類の鋼板を加工できる設備を持っており、多品種の生産に対応できます。
また、「設計」および「鋼板の加工技術」のみならず、「組み立て」、「塗装」等の技術も有していますので、『外観図』から『完成品』までの作業全てを社内にて行なえます。
ここでは、当社の扱う建機キャビンの製作手順を例にとって説明します。
  建機キャビン製作の流れ
     
外観図

操縦席のスケッチ、デッサン図のことです


図面分解 スケッチを三面図にします


詳細設計 ドア等の細部を詰めて行きます


機能設計 使いやすさを加味します


部品展開 全体図から各部品へとバラして行きます


材料等手配 材料や購入品を手配します


部品加工 手配した材料を切断・曲げ等行なって部品にして行きます


溶接組立 部品を図面の指示に従って組み付けて行きます


塗  装 下塗りから初めて、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます


艤  装 内装、配線、電装品の取り付け、ガラスの装着等を行ないます


動作確認 電装品の動作確認やシャワーテストなどを行ないます


完  成 完成です

  山口車体工業株式会社
   本  社/岐阜県各務原市蘇原興亜町2丁目1 番地の1
   第二工場/岐阜県各務原市蘇原興亜町1 丁目22番地の1

   連絡先 : eng-horie@yamaguchi-1155.co.jp